花嫁のブーケはプリザーブドフラワーがオススメ

一生に一度の晴れの舞台で必要不可欠なアイテムのひとつであるウエディングブーケは生花で作るタイプが主流でした。しかし生花で作ると枯れてしまうことが最大の難点です。押し花にしたりドライフラワーにしたりと様々な手法がありますが料金が高くついたりあまりキレイに残せなかったりとまだまだ課題が残ります。そんな問題を解決してくれるのが、プリザーブドフラワーでしょう。プリザーブドフラワーは特別な液体を使って加工したお花ですので、枯れることがありません。そのためウエディングブーケを作ってもそのままブーケの形として残すことが出来るのです。生花よりも一本の短歌を少々お高いですが、その後の加工がいらないのでトータル的に考えるとそれほどでもないのではないでしょうか。なにより素晴らしい記念を美しく残すことが出来るというのがプリザーブドフラワーウエディングブーケの最大のメリットです。

プリザーブドフラワーを贈ろう

プリザーブドフラワーでしか表現できないものの一つにカラーがあります。お花には様々な色がありますが、その色彩はピンク系・イエロー系・レッド系・ホワイト系といった色が主流です。しかしプリザーブドフラワーならブルー系やグリーン系など通常では考えられないカラーも存在します。さらには虹色に輝くものやマーブル模様になっているものもあるのです。この様にカラーバリエーションが豊富であることから、独特の世界観のデザインを楽しむことが出来ます。そのためプレゼントのコンセプトも多様化しています。例えば誕生石をプレゼントしたいと思ったらその誕生石のカラーと同じ色のお花とコーディネートすることも可能です。青が好きな方にプレゼントするのも時期を選ぶことなく贈ることが出来ます。また軽いため持ち運びもラクラクですし、水やり等もいらないのでもらった方も楽に楽しむことが出来るので年齢を問わず喜ばれる贈り物でしょう。

母の日にはプリザーブドフラワーがオススメ。

母の日の贈り物の中でお花は、毎年「もらって嬉しいプレゼントランキング」の上位を占めています。食べ物や雑貨などは好みがありますが、お花はどの様なものでも嬉しいというとても特殊なアイテムです。年齢を選ばずすべての人に癒しを与えてくれるお花は、毎年違うデザインで選ぶことが出来るのも嬉しいポイントでしょう。ことしはどんなお花を、と悩んでいるならプリザーブドフラワーはどうでしょうか。特殊な加工をしてあるこのお花は、管理が簡単でどこにでも飾ることが出来ます。プリザーブドフラワーをお花屋さんで注文するのも良いですが、自分で作って見るのもオススメです。プリザーブドフラワーを扱うお花屋さんでは教室を行っているところがあります。母の日が近づくと母の費用に作成する体験教室もある場合があります。オリジナルのお花をプレゼントしたいと思っているならオススメですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)